\2021年5月10日 ブルーレポート 2021 リリースしました!詳細はこちらをクリック/

社員教育

生産性向上

社員教育の実施状況

フォーバルでは、第4回アンケート調査において社員教育の実態について検証した。今後の中小企業経営において、人材の雇用や教育に関する課題が大きくなると考えているためである。 また実際に、前ページでも示したように「時間効率」を上げるために企業が...
2020.03.31
生産性向上

社員教育の手法

続けて、社員教育に取り組んでいると回答した企業に対し、具体的にどのような手法で教育を行っているかを聞いた結果が図3−12のグラフである。 取組みとして最も多かったのが「OJT(日常業務を通じての教育)」の433 社(637 社中・68.0...
2020.03.31
生産性向上

社員教育にかける年間予算

ここでは、社員教育にかける年間予算について述べることにする。 既述の通り、社員教育の手法として最も活用されているのは「OJT」であった。さらに社内研修が続くなど、社内のリソースを用いた教育を行っている状況がうかがえた。 では中小企業は社...
2020.03.31
生産性向上

今後取り組んでみたいこと

現在社員教育に取り組んでいる637社に対し、さらに「今後、社員教育で取組んでみたいこと」の有無について聞いた。 「ある」と回答した企業は427社、67.0%に及んだ。その427 社に対し今度は「取り組みたい内容は何か」と聞くと、トップにな...
2020.03.31
生産性向上

社員教育に取り組むつもりがないと回答した企業の理由

社員教育に取り組むつもりがないと回答した企業の理由 ここまで社員教育をしている企業に対し、具体的な取組みや今後のニーズなどを聞いた結果について述べてきたが、ここでは、現状社員教育をしている企業のうち、「今後は社員教育で取り組んでみたいものが...
2020.03.31
タイトルとURLをコピーしました