\2021年5月10日 ブルーレポート 2021 リリースしました!詳細はこちらをクリック/

時間効率

生産性向上

社員の時間の使い方を把握しているか

限られた人員と時間でこれまで以上の成果を上げるためには、いかに効率よく仕事に取り組むかが競争力を強化する上で不可欠である。その時間効率について考える際、まず取り組まなければならないのが現状把握、すなわち社員の労働時間の把握についてである。
2020.03.31
生産性向上

時間効率への意識

では経営者はどのくらい時間効率を意識して仕事をしているのか。続けて経営者に対し、時間効率を意識して仕事をしているか質問した。 時間効率を意識して仕事をしていると回答した経営者は807 社(1188 社中・67.9%)であり、多くの企業...
2020.03.31
生産性向上

時間効率の良い、悪いを判断するために行っていること

また、「している」と回答した企業に対して「時間効率が良い、悪いの判断を判断するために行っていること」を問うと、以下のような結果になった。 最も多かったのが「従業員の行動の見える化」(316 社、807 社中・39.2%)。どのように仕...
2020.03.31
生産性向上

時間効率を効率よくするために行っていること

次の質問では経営者の従業員に対する教育の必要性を強く感じる結果が出ている。 上記は「時間効率」をよくするために具体的に行っていることについて聞いた質問である。 最も多かったのが「従業員教育」で、回答した807 社のうち30.7% の...
2020.03.31
タイトルとURLをコピーしました