\2021年5月10日 ブルーレポート 2021 リリースしました!詳細はこちらをクリック/

超スマート社会

超スマート社会

GAFAの台頭と産業構造の変化

GAFAは世界で最も影響力がある4社ともいわれる、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとった造語で、米国を代表するIT企業を総称して呼ぶときに用いられる。もう一つの大きな市場中国ではBATが台頭しており、日本にも大きく影響を及ぼしている。
2020.09.11
超スマート社会

日本の情報戦略

無限に広がる情報の洪水からデータを収集・分析・活用できるまで運び、各ビジネスに応用していく。それが日本を支える中小企業の隅々まで広がれば、経済活動の底上げにつながり、日本の国際競争力も高まり、ビジネスの効率性が大きく変わる。
2020.03.31
超スマート社会

コラム:オープンデータへの取り組み

「信頼ある自由なデータ流通こそが、持続可能な社会の創造につながる」という体制が、世界規模で整えられつつある。国内では、まずは中小企業が理解しやすく、積極的に取り組んでいくことができる環境づくりが必要。ここではいくつかのオープンデータについて説明しています。
2020.03.27
超スマート社会

Society5.0とは

Society5.0とは、「狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、人類史上5番目の新しい社会」であり、「第4次産業革命によって新しい価値やサービスが次々と創出され、人々に豊かさをもたらしていくもの」である。
2020.03.31
超スマート社会

第4次産業革命によりもたらされる超スマート社会

AIやIoT、ビッグデータなどを活用する技術革命の時期に入っているとの指摘がみられるようになった。それがいわゆる「第4次産業革命」であり、それによりもたらされる未来の社会が超スマート社会、すなわち「Society5.0」である。
2020.03.31
超スマート社会

Society5.0が拓く新しい社会

少子高齢化社会や人手不足など、国内市場の縮小と労働力不足が今後もさらに進むといわれる中、持続的成長を促す効果的な手法として新しい技術が社会を変える、その実現こそ「Soociety5.0」である。ここでは具体的にどのようなことが可能になるのかを説明しています。
2020.03.31
超スマート社会

Society5.0の認知度について

フォーバルの第1回調査では、この「Society5.0」について中小企業の経営者の認知度を聞いた。 最も多かったのは「知らない」の749社(1445 社中・51.8%)。「あまり知らない」の496社を合わせると86.2%の経営者が知らない...
2020.03.31
超スマート社会

中小企業経営者のアンテナを探る~「情報」に対する意識~

アンケート結果をもとに、我々フォーバルとしては、今まで以上に世の中の流れについて情報提供するとともに、必要とされる施策や手段への取組み方を、実践的に伝えていかなければならないと考えています。
2020.03.31
超スマート社会

「情報爆発」に向けた中小企業の経営課題とは

超スマート社会と呼ばれる次世代の日本は、すぐ目の前まできている。多くの中小企業の経営者が、この社会変化を身をもって感じることになるだろう。そして2019年度は企業がこの変化に対して、具体的な行動に移らなければならない時期であるともいえる。 ...
2020.03.31
超スマート社会

ICTによる生産性向上と組織改革

では、こうした技術を取り入れることによりどんな効果があるのかについて考えてみたい。 下記は総務省の情報通信白書に示された、「国内企業がICT により解決した経営課題の領域」に関するグラフである。 これによると、国内企業がICTを導入...
2020.03.31
タイトルとURLをコピーしました