\2021年5月10日 ブルーレポート 2021 リリースしました!詳細はこちらをクリック/

人手不足

人手不足

人手不足状況について

労働市場における人手不足が叫ばれるようになって数年が経つが、実態はどうなっているのか。有効求人倍率や完全失業率、業種別従業員数過不足DI、欠員率等の推移、また日本の人口構成に基づく構造的な課題等、昨今の雇用状況を考察する。
2020.03.31
人手不足

人手不足の現状

中小企業の人手不足状況はどの程度なのか。フォーバルでは2018年12月の第4回実態調査において、中小企業の人手不足状況についてアンケートを実施。「貴社で労働力は足りていますか?」の問いに対し、約半数の企業が人手不足状況に陥っている結果となった。
2020.03.31
人手不足

業種別の人手不足状況

フォーバルが実施した第4回アンケート調査(1075社回答)では、技術を必要とする職種、また人件費の安さや不規則な労働時間である職種について、人手が足りないと回答するスコアが高く出る傾向に。また、正社員の人手不足感が大きいこともわかる。
2020.03.31
人手不足

人手不足の深刻度

フォーバル調査では人手不足状況の深刻度についても聞いている。現状、業種により深刻度はさまざまであるが、今後の生産人口の減少傾向や産業構造の変化を踏まえると、人手不足状況を決して楽観視することはできない。
2020.03.31
人手不足

人手不足状況への対策

人手不足の状況に対し、中小企業はどんな対策をしているのか。
2020.03.31
人手不足

人手不足状況への政府の見解や対策の現状

慢性的な人手不足状況において多様な働き方が注目される中で、注目人材としてその活用拡大に向けた動きがみられる人材「女性」「シニア」「外国人」について、近年の動きとその期待度や課題を整理した。
2020.03.31
人手不足

注目人材の雇用について(現在・将来比較)

注目人材をめぐる動きが活発化する今、中小企業では注目人材の雇用についてどのように考えているのか。フォーバルでは2018年12月に、「子育て中の女性」「家族などを介護している人」「シルバー人材」「外国人」の雇用状況と雇用意思についての調査を行った。
2020.03.31
人手不足

外国人の将来的な雇用意思の結果が高かった理由

外国人を将来的に雇用しようと考える企業がほかの選択肢より多かった背景には、人手不足の中、採用活動をしても人材が集まりにくい状況を背景とした中小企業の切迫感の表れである可能性がある。
2020.03.31
人手不足

注目人材の雇用に関する課題

人手不足状況の解決策のひとつとして注目されている「子育て中の女性」「シルバー世代」「家族などを介護している」それぞれの人材の雇用については、企業側にも検討しなければならない課題がある。
2020.03.31
人手不足

コラム:人生100 年時代の働き方

人生100年時代となれば、これまでの社会制度や働き方に変化が生まれ、個々人の人生設計にも大きな影響をもたらすことになるる。中小企業経営者も人生100年時代の働き方について、自身や社員の働き方について考えてみる良いタイミングである。
2020.03.31
タイトルとURLをコピーしました